FC2ブログ

竹内麻巳SS倉庫

Canvas2というゲームで、美術部部長の竹内麻巳のSSを掲載していく予定です。

はじめての……

 12月24日。この日に生まれた人間は――竹内麻巳は、成人式を待たずに飲酒を許される立場だ。
 彼女は遅めの生まれであるため、二十歳の誕生パーティともなれば酒を飲む友人も多くなる。――もっとも、二十歳になって初めて飲む、というのは希少かも知れない。しかし彼女は、基本的にそういったルールは守る側の人間だった。
 まあ、その当日には間違いなく飲むことになる訳なのだが。前日の23日にも、午前零時を過ぎれば飲めるようになるわけで。
 予行演習、というのは表向き。でも本当は、初めて飲むのはこの人と、と決めていたということだろう。
 つまり麻巳は。その日、俺の家に泊まることになっていた。

 俺の住むマンションの一室、一人暮らしには広すぎるリビング。目の前のテーブルには、豪華な食事とワインが二人分。
 ソファに並んで座っている俺と麻巳は、無理に会話などもせずにただただその時を待っていた。
「ホントに律儀な奴だよなぁ……」
 俺は麻巳の見つめる壁掛け時計に視線を向けながら、呆れ気味に言った。日付が変わるその瞬間、生まれて始めての酒を飲もうということらしい。
 遠めに見ては認識出来ない分針の動きは、まるで山頂目指して上っていく登山家のように無理をせず、ゆっくりと進む。それを、麻巳は真剣な眼差しで見つめていた。
 呆れつつも、そんなところもまた可愛いなどと思い、そんな自分に対して自嘲気味に笑う。すると、勘違いした麻巳が心外そうに言った。
「誰より早く、大人になった私を見てもらいたいって思うのが。――そんなにおかしいですか?」
 見当外れにも程がある。そう思いつつ、俺には分かっていた。こいつは自分の考えが決まってしまうと、他の要素を簡単に排斥出来てしまう人間なのだ。ずっと気にしていたなら、そこにしか頭が回らないのかも知れない。
「どっちでもいいさ。――とりあえず可愛い、と思うぞ」
 俺はあえて訂正せずに、そう言いながら麻巳を抱き寄せた。
 しかし、彼女は俺を押し戻してワイングラスを手に取り、
「さ、もうすぐですよ」
 そう言って、わざとらしく視線を上げる。時計を見ている麻巳の頬には朱が差していた。
 ――この程度のスキンシップでも、いまだに多少の照れがある。気合を入れないと、ついついこうして跳ね除けてしまうらしい。
 俺は気を悪くするどころか、いつまでも初々しい、そんなコイツが可愛くて仕方が無かった。力無く逃れようとするのを、少し強引に捕まえるのも楽しいし。――いや、自分でも変態的だとか思わんでもないが。本当に無理矢理な訳でも無いし、ギリギリ常識的なのではないかと。って誰に言い訳してんだ俺は。
 無意味なことを考えている間に、午前零時まであと数秒というところになった。時間は一時間ほど前に、秒単位で調整してある。まだズレている、ということはないだろう。
 俺もグラスを手に持つ。すぐに午前零時を回り、お互いのグラスを軽く触れ合わせた。
 軽い音が響き、
「誕生日おめでとう」
「ありがとうございます」
 何の工夫も無い、ありきたりな言葉。だからこそやるのだ、と麻巳は言う。恒例行事が好きなコイツらしい。
 乾杯を済ませ、祝いの言葉も済ませ。俺は一口、ワインを味わう。
 そうして、視線を交わそうと隣を見ると――。
「……おい」
 思わず声が出た。
 麻巳は俺の目の前でワインを一気に飲み干す。
「初めてなんだから、少しずつ様子を見ながらだな……」
 心配して言ったのだが、彼女は少しも聞いていなかった。
 それどころか、座った目で俺を見て――いや、俺の持っているグラスの中身だけを見て、それを奪い取る。
 すぐさま一気に飲み干した麻巳は、
「……んっ!」
 グラスを目の前に突き出し、何やら満足げに頷いた。美味かったらしい。
 ――今日のために用意した高級ワインである。安月給の美術教師には、という補足が付くが、それでも3万はする貴腐ワインだ。なるべく飲みやすいものを吟味したし、不味いなどと言われては立場が無い。
「……んっ!」
 麻巳はグラスを突き出したまま、何やら催促している様子だった。
 しかし、コイツがどの程度飲めるのかは不明である。どこまで飲ませて良いものかと迷ったのだが、見てみれば表情は平静そのもの。――そう、不自然なくらい真顔だった。血色も普段どおり。
 分かり難いやっちゃなぁ、とは思いつつも。もう一杯くらいは大丈夫だろうと判断し、俺はグラスにワインを注ぎ足してやった。
 それを、やはり一息で飲み干した麻巳は、
「……んっ!」
 同じようにグラスを突き出し、そして。そのままの姿勢で横倒しに倒れた。
「お、おい。大丈夫か!?」
 俺は慌てて声をかけてから――麻巳の無防備過ぎる格好を見て硬直した。
 思えば、慣れてないのはお互い様というか。麻巳は当然として、俺までも最近は真面目に色々と取り組んでいるせいで、話はしつつも『そういう時間』はなかなか無いせいもあるのだが。ああ、つまりなんだ。
 短いスカートの裾から覗く柔らかそうな白い太股に、いけないとは思いつつも目が釘付けになってしまうのは、まあ仕方が無いというかだな――って、俺はまた誰に言い訳してるんだ。とにかく介抱してやらないと。
「うぅん……」
 改めて麻巳を見やると、彼女は苦しそうに呻きながら身じろぎした。そして、不器用な手付きで胸元を緩める。
「……寝てる、んだよな。ホントに」
 俺は恐る恐る、覆いかぶさる様にして彼女の顔に近づき、間近から様子を伺う。
 麻巳は安らかな表情で寝息を立てていた。そのまま数分、俺はジッと観察して――。
 唐突に、デコピンを見舞った。
「……っなにするんですか。他にやる事があるでしょう!?」
 額を押さえながら涙目で訴える麻巳に、俺は優しく言った。
「確かに芝居がかった演出には才能を感じるが。残念ながら嘘を付く才能は微塵も無いぞ」
 むぅ、と不満そうに唸る麻巳。どこかで見たような聞いたような仕草――って俺の真似か。
「どうして分かっちゃったんですか?」
「顔を近づけたらビクッとした。息が乱れた。ジッと見てたら薄め開けやがった」
 立て続けに理由を並べられて、麻巳は気まずそうに視線を逸らした。
「……そこはその、気付かないフリをするという優しさをですね」
「ならもう少し練習してくるべきだったな」
「うぅ。いいもん。先生がイジワルだなんて、よーく知ってるもん……」
「今度は誰の真似だ」
「柊さん」
 今度は俺が視線を逸らす番だった。
 柊美空、撫子学園美術部一年。何でか知らんが、俺のファン倶楽部第一号にして唯一の会員。告白された回数なんて覚えてない。そもそもコイツとは面識が無かったはずなんだが。
 俺の表情が面白かったのか、麻巳はえらく上機嫌で言った。
「藤浪さんとは、その後良好な関係を続けておりまして」
「ああ、なるほどな。俺が困る情報は楽しげに話しそうだ……」
 どうせ霧も交えて茶飲み話ってところだろう。あいつらも『やどりぎ』に通ってるらしいし。
「って、なんでその話題で大して怒ってないんだ?」
「怒る……?」
 本気で不思議そうにしている。こちらから諭すのもおかしな話だが、俺としては怒るならなるべく早くしてもらいたい。コイツは溜めて爆発させるタイプなので、後回しにすると余計にタイヘンなのである。
「いや、だって……なあ? 嫉妬したりするところじゃないのか。どうでもいいような態度は、逆に傷つくんだが」
「だって、あれって笑い話じゃないですか」
「……ああ、そうか。案外良い奴だな、藤浪も」
「?」
 意味が分かってない麻巳を放っておいて、ともかく俺は。
「あ、あの!」
 驚いて声を上げる麻巳。――覆いかぶさったまま会話を続けていたので、抱きつくのに手間はかからなかった。
「ん?」
 俺はわざとらしく惚けてみせた。
「えっと、その……」
「誘ったのはそっちだろう。駄目だ、聞いてやらない」
「一度逸らしたのに、そんなの反則じゃないですか!」
 もちろん、関係ない話で気を逸らしたのはワザとだった。
 不意打ちの方が、麻巳は反応が可愛い。だから主導権はなるべく俺が握りたいのである。
「今日も可愛いな」
「ひきょうものーーーー!」
 涙目で叫ぶ麻巳だったが、俺は聞く耳持たない。
 まあ、本人も本気で嫌がってるわけでもないし。

 こうして、俺たちは朝まで二人きりの時間を幸せに過ごしたのだった。

























少しでも楽しめたら、押してみてくれると作者が喜びます。





目次へ戻る


テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/05/03(木) 19:23:22|
  2. 短編

メニュー

無料レンタルサーバー

まったり空間
↑↓気軽に押してね♪

FC2Blog Ranking

プロフィール

 管理者:マク
 ご意見・ご要望・ご感想・リンク希望等は拍手か以下のメールフォームにお願いします。

 また、投稿作品を掲載して欲しいという場合にも、こちらのメールフォームにて受け付けます。投稿作品の感想は、各作品のコメント欄を開放しているので、そちらで受け付けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

 拍手で長文を送りたい場合はこちらでも可。
 設定で無しに出来ないためこうなっていますが、メールアドレスが描きたくない場合は以下のアドレスを入力して送ってください。
 仮入力アドレス:teki@tou.de

カテゴリー

FC2投票

攻略するとSSが生まれるかも知れない。

無料アクセス解析

二次創作サイト更新情報



リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSリンクの表示